水にも栄養がある

水に含まれている成分とは

水の中にある栄養の表示について

水は飲むほどに健康になるとされており、飲みすぎても基本的に太ることはありません。また不純物は含まれておらず、カロリーもない為ダイエット中などでも気にせず飲むことが可能といえます。しかしラベルにはいくつかの栄養素の表示も存在します。それは中には基本的にミネラルが含まれているからです。元々の構成としては酸素と水素の結合によって液体をなしていますが、そのほかにもナトリウムやカリウムといった元素が含まれています。これら自体にはカロリーはありませんが体内に取り込むことでよい効果を示してくれます。また最近では含有量を増やしたものも販売されている為、把握しやすいようにラベルに記載しているといえます。

栄養素を運ぶのにも水は必須

ほとんどの食べ物には成分として水分が含まれています。これが体内で多くの物質を溶かし、様々な化学反応をスムーズにさせるとともに、血液の成分にもなって栄養を体中に送り、不要なものを排出する役割があります。また、体液を正常に保つことで細胞を正常に保ちます。さらに、汗になることで体温のコントロールもします。運動機能にも影響を与えます。まさに、生きていくためにはなくてはならない重要な成分です。どんな栄養素も水がなければ、体内に吸収されることはありません。尿や汗だけではなく呼気からも体外に出てしまうので、こまめに補給することが大切です。

↑PAGE TOP